副業をする前の注意点

最近では、インターネットを使って、副業が行えるようになりました。手軽に自分の時間があるときに行うことができるため、忙しいサラリーマンの方にも人気で、週末には多くの人が副業を行っています。しかし、注意しておきたい注意点があります。まず1つ目は「就労規則」です。公務員の場合は、法律で副業を行うことを禁止されています。そのため、インターネットを使って行うことも禁止されています。また、一般的なサラリーマンの方でも、会社によっては禁止しているところもあります。その場合、発覚したら大変な処分を受ける場合があります。しかし、多くの企業は副業を禁止しておらず、「自社の業務に支障がなければ認める」というスタンスを貫いている企業が多くなっています。2つ目は「所得」です。税法上、「サラリーマンの方が副業を行う場合、20万円以下であれば確定申告しなくても良い」ということになっています。この場合の「20万円」というのは、「収入から必要経費を差し引いた所得」のことで、税法上では雑所得に分類されています。20万円を超えてしまった場合、確定申告を行う必要があり、場合によっては税金を納めなければならない場合もあります。そして、申告時に会社側に副業をしていることがばれてしまう恐れがあるため、可能な限り20万円以下に抑えておくと、会社側にばれずに行うことができます。3つ目は「勤務態度」です。副業を行っている人にありがちなのが、「疲れてしまう」ということです。疲れてしまい、本職にだらしなさが出てしまえば、怪しまれてしまい、処分を受ける場合があります。なので、ほどほどに行うのがベストです。近年では、インターネットを使って在宅ワークという形で、仕事をすることができるようになっています。昔までは、アルバイトや土木工事で稼ぐ方法が主流でしたが、今では家でテレビを見ながら稼ぐこともできます。とても便利な世の中になりました。以上の注意点を守って、副業に取り組むと効率も良く、稼ぎやすいです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です